はじめに

こんにちは!ボキャファン管理人のうろこ(水砂子)です。
オンラインで楽しく英会話上達・オンタノブログ別館・ボキャファンへようこそ!

【はじめに】
このブログは「お喋り英語」に焦点を絞っていくので、
出来るだけ、英文と和訳を対にしてコンパクトに紹介するスタイルを避け
イメージや、英英辞典、英文記事へのリンクをつけています。

ンなメンドウな!?ですが、
度忘れや発音の違いなどで実際の会話でつまったときに、
こちらは日本語での意味がわかっていても、
相手が日本語を理解しないユエに歯が立たず、
ひたすら悔しい思いをするのを避けるため…でもあります(←思いっきり経験者)。

この悔しさを避けるために、敢えてボキャファンでは
「言葉のイメージを掴んでいただくこと」
「類語や他の単語でなんとな〜く説明できること」をゴールにしているわけです。

もちろん、母国語は大いなる味方、
いろんな場面で力になってくれるものですから
利用しない手はないのですが、

「他の日本人に説明できるよう、整った日本語にすること」…は、必用ないのです。
なにせ、相手は日本語を理解しない場合がほとんどです。
しかしながら試験の記憶かくせなのか、つい、体裁を整えて翻訳したくなるんですが
このほんの一手間で、会話から取り残されることの多いことよ。
会話というのは流しソーメンのようなもので、一瞬遅れると肝心の麺ははるか下流です(?)

そこで、英語を扱うときには頭の中を、まずは、
「イメージと英語」でイッパイにしていく…という練習をしてただきたいのです。
(通訳・翻訳を目指している方は別ですが)

英単語と和訳を一対にすれば、
効率よく暗記が出来ることを知っている私たちには
イメージや、知っている英語で言葉をとらえていく作業は、非常にまどろっこしく感じられるものです。

でも、いろいろ自分で調べたり遊んでいるうちに発見した類語や、
他の単語の組み合わせで説明が出来るようになった言葉というのは、
実際のお喋りのときには、威力を発揮してくれます。

たとえば度忘れしたとき、ちょっと微妙な発音で相手に通じにくいとき、
会話相手の助け舟を借りることが出来て、会話がとっても楽になるものです。

日本語だって、
「ほら、アレ、なんて言ったっけ」は気軽な会話では良く使いますもんね(^^)

私の経験からして、雑多な会話を交わす日常生活の中で、
パッと味方になってくれる言葉は、やっぱり、
自分でアレコレ調べたり、練習したり、いじくりまわしたものがほとんどなので、
新しく出会ったな、という言葉とは、ぜひ、楽しんでみてくださいね。
(詳しくはコチラ→ easykaiwa.seesaa.net/article/108113313.html よそよそしい暗記と、仲良し記憶)

最後までお読みくださってありがとうございました。
さて、では次回からいよいよ、言葉や表現についてアップしていきます!

Originally posted 2010-04-27 06:00:00. Republished by Blog Post Promoter

Be Sociable, Share!

Leave a Reply

Your email address will not be published.